ブロック注射は、椎間板ヘルニアで生じる激痛を一時的に緩和し、炎症を抑えてくれます。

椎間板ヘルニアになると激痛が走り、通常の日常生活を送るのが非常に困難になります。そのような場合にブロック注射を打つことで、痛みを緩和させることができます。

椎間板ヘルニアの際に打つブロック注射には2種類あります。背骨と背骨の間に打つ腰部硬膜外ブロックと、尾てい骨の下辺りに打つ仙骨部硬膜外ブロックです。

どちらも局部麻酔をしてから打つ注射なので、痛くはありません。脊柱管内に薬を入れ、全体に広げて作用させますので、原因となっていない部位も含めて広範囲に効果が及びます。