ヘルニアで処方される痛み止めは、主に次の薬となります。

■ミオナール
 ミオナールは筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげます。筋肉の血流を改善する効果もあります。効き目は穏やかで、副作用は比較的少ないと言われています。

■ロルカム
 ロルカムは筋肉の腫れ、痛みをやわらげます。熱を下げる働きもあります。

■ボルタレンサポ
 ボルタレンサポは炎症を静めて、腫れ、痛みなどの症状を抑えます。熱を下げる働きもあります。

■筋弛緩薬
 痛みが酷い場合には、筋肉の緊張を緩和させる働きのある筋弛緩薬を服用して、痛みを和らげることもあります。ロバキシン、ジアゼパムといった薬です。

■抗炎症薬の貼り薬
 痛みを抑えるために抗炎症薬を主成分とする貼り薬が処方されることもあります。モーラス、セルタッチなど。

どの痛み止めが処方されるのかは、医師や症状によって異なります。