姿勢が悪いと椎間板ヘルニアがひどくなるということではなく、姿勢が悪いと椎間板ヘルニアの切っ掛けとなり得るということです。

姿勢が悪いと体のバランスが崩れます。そして、上半身を支えている腰の筋肉に負担を掛け続けます。例えば猫背の場合は、背骨にある椎間板を変形させてしまいます。

また、姿勢を正そうと背中を反ったりねじったりする人がいますが、無理に反り過ぎたりすると、腰への負担となりますので良くありません。

このようなことが原因で、椎間板ヘルニアになってしまう可能性があるのです。

常日頃から正しい姿勢を意識していませんと、いつか椎間板ヘルニアになって、非常に辛い思いをすることになるかも知れません。椎間板ヘルニアにならないためにも、いつも姿勢に気を付けるようにしましょう。