ヘルニアとは、体内の臓器が本来あるべき場所から突出した状態のことです。臓器が本来あるべき部位に無いと、神経などが圧迫されてしまい、その結果非常に辛い激痛を起こします。

一般的に「ヘルニア」と呼ばれているのは、椎間板ヘルニアのことが多いです。

腰骨の椎骨と椎骨の間には椎間板という軟骨があります。椎間板は、椎骨と椎骨の間で緩衝材の役割を担っています。この椎間板が椎骨に押しつぶされて組織の一部が飛び出してしまい、それが神経を圧迫したり炎症を起こしたりして痛みや痺れを起こすのが(腰椎)椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアになりますと、足や腰に痛みや痺れを感じたり、せきやくしゃみが辛くなったり、痛くて排尿や排便ができなくなってしまうことがあります。立ってるのも座ってるのも辛いです。椎間板ヘルニアになると安静にしていなければなりません。

このように、椎間板ヘルニアになってしまうと日常生活に大きな支障を来しますので、早めに治療したほうが良いでしょう。椎間板ヘルニアの治療方法としては、ストレッチ、コルセット、鎮痛剤投与、ブロック注射、手術などがあります。

我慢して放置していると、ますます症状が悪化してしまい、最悪の場合本当に動くことができなくなってしまいます。