椎間板ヘルニアの主な原因として、次のようなことが考えられます。

▲日常生活の動作

長時間同じ姿勢で座り続ける、重い荷物を持ち上げる、スポーツで腰をひねるなどといった日常生活の動作によって、背骨に負担をかけてしまい、椎間板ヘルニアを引き起こします。

▲姿勢が悪い

姿勢が悪いと背骨や骨盤がずれて、腰への負担が非常に大きくなり、椎間板ヘルニアを引き起こす可能性が増します。特に猫背は椎間板ヘルニアを引き起こしやすいです。

▲椎間板や骨の衰え

年を取ると椎間板や骨が老化して、些細な衝撃に耐えることが難しくなります。すると、髄核が突出したり、骨が欠けて椎間板を潰してしまい、椎間板ヘルニアを起こす恐れがあります。特に骨粗しょう症の人は骨が欠けやすいです。