椎間板ヘルニアの痛みを和らげるストレッチ方法をいくつかご紹介します。痛みに悩んでいる方は実践してみてください。もちろん、痛みの酷い急性期には行ってはいけません。症状があまり重くない人向けです。

椎間板ヘルニアで体操やストレッチをすると痛みを軽減することができます。なぜかというと、硬くなってしまった腰の筋肉や関節を緩めることができるからです。また、腰の筋肉を強化して椎間板ヘルニアに負けない腰を作ります。

  • あぐらをかいて、両足の裏を合わせます。次に足を抱えて腰から倒し、その姿勢を5秒保ちます。この時に気を付ける点は、しっかりと足の裏を付けていることです。足の裏が離れていると効果が半減してしまいます。
  • 仰向けで寝て、両膝を抱え、1分間その姿勢を保ちます。
  • まっすぐ立ち、足を軽く開き、前屈して、体を起こし、両手を腰に当てて、上半身をゆっくりと反らします。
  • いすに座り、背筋を伸ばし、腕を上げて伸ばし、上半身を反らします。3秒その姿勢を保ったら、元に戻します。

このストレッチを毎日続けることによって、椎間板ヘルニアの痛みを徐々に和らげることができます。

症状の重い人の場合は、ストレッチをしても逆効果となる可能性が高いので、医師と相談して手術を受けたり、他の治療法を受けられた方が良いでしょう。