膝に違和感や痛みを感じることは、年齢性別関係なく、よくあることです。高齢者とは限りません。その原因も様々です。

特に、ひざ痛が起こりやすいのは、次のような方です。

■肥満体型
歩くだけで体重の3倍の重みが膝へかかるとされています。肥満体型の方は、ひざに負荷が大きくかかってしまうため、ひざ痛を起こしやすくなります。

■ひざ周りの筋肉が弱い
ひざ周辺(特に太ももの前後)の筋肉が弱い場合、ひざにかかる負担が大きくなりますので、ひざ痛を起こす可能性が高くなります。

■O脚、X脚
O脚はひざの内側へ、X脚はひざの外側へ、それぞれ負荷がかかりやすくなります。悪化すると関節の軟骨が変形してしまい、ひざ痛を引き起こすことがあります。

■スポーツ経験者
ふくらはぎや太ももの筋肉を酷使するようなスポーツや仕事を長年やってきた方は、ひざを酷使し続けていますので、ひざ痛に悩まされる方が少なくありません。

■ひざを治療した経験がある
■過去にケガでひざを傷付けた
膝関節の軟骨が完全に回復していない場合があり、ちょっとしたきっかけで膝に違和感が生じることがあります。

■女性
ひざ痛は女性に多いと言われていますが、明確な理由は分かっていません。過労やストレスから発症する可能性が高いという説があります。