膝痛(ひざ痛)を改善するためには、ひざを温めるのも良いです。膝周りの血行不良が原因で、膝が痛くなることがあるのです。ひざを温めると血行が良くなり、痛みが徐々に緩和されていくことがあります。

このような治療法を温熱療法と呼んだりします。主に慢性的な痛みを和らげるときに使われることがあります。

病院で行われる温熱療法は、赤外線、レーザー、ホットパックなどを用います。もちろん自宅でも、温湿布や温めたタオルなどを使って行うこともできます。

自宅で膝を温める場合には、お湯に浸けて絞ったタオルを10分程度ひざに当ててみてください。血行が良くなり、痛みが和らぐことがあります。

熱湯を使うと火傷をしてしまう恐れがありますので、温度には十分に気を付けてください。電子レンジでホットタオルを作る方法もありますが、この場合も火傷に注意してください。

また、ドラッグストアなどで売られている温湿布を使うのも良いでしょう。温湿布であれば、ひざを温めたいと思った時にすぐに使用することができます。

ただし、温め過ぎると、膝痛が悪化する恐れがあるので、温め過ぎないようにしましょう。

温熱療法を行った後は、ひざが冷えるのを防ぐために、サポーターなどを着けるようにしてください。

温湿布 関連商品