膝痛の症状がひどくない場合、病院では通常、湿布や軟膏(塗り薬)などの外用薬を処方されます。湿布や軟膏などの非ステロイド系消炎鎮痛剤によって、痛みや炎症を軽減させる薬物療法です。

外用薬だけでは痛みが抑えられない場合には、鎮痛効果のある内服薬(非ステロイド系消炎鎮痛剤)も処方されます。

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、胃腸障害、腎機能低下などの副作用があります。そのため、胃腸薬または抗潰瘍薬と一緒に処方されることが多いです。また、持病を持っている方には処方できないこともあります。

内服薬が処方できない場合は座薬を処方することもあります。座薬には、胃腸に負担をかけにくい、内服薬よりも鎮痛効果が高いなどといったメリットがあります。

膝の痛みが非常にひどかったり、長期に続いている場合には、関節内にヒアルロン酸や副腎皮質ステロイド剤を注射する治療も、ひざの痛みの原因によっては行われます。

ヒアルロン酸は膝など関節に掛かるショックを吸収する働きがありますが、加齢などで減少してしまいます。その失われたヒアルロン酸を関節内に注入することで、膝の痛みや炎症の改善、軟骨の保護を目指します。副作用が少なく、痛みを抑える効果も期待できます。

ステロイド剤の注射の場合には、強い痛みを素早く抑えられますが、高血圧や不整脈などといった副作用があります。ステロイド剤の注射は慎重な判断の上で行われるでしょう。