膝痛と関節炎とは密接な関係にあると言うことができます。

膝痛が起こる原因は様々あります。特に多い原因としては、関節の軟骨がすり減ること、つまり変形性膝関節症(関節炎)などの疾患によるものが挙げられます。

関節炎とは、何らかの原因によって関節に炎症が起こり、熱や痛みが出たり腫れ上がったりする病気です。

ご存知と思いますが、関節は肩、ひじ、膝、足首、腰、股、指、手首など、体のいろいろな場所にあります。関節は骨と骨の間にあり、骨をつなぎ合わせる役目を果たしています。

そして、関節にある軟骨は、骨と骨が直接ぶつかり合わないようにしたり、衝撃を吸収するクッションとなっています。

加齢や体重の増加などによって関節に負担がかかるようになると、軟骨がすり減って傷み、骨と骨がこすれ合ったり、骨そのものが変形したりすることで炎症を起こします。これが変形性膝関節症(関節炎)です。

膝痛と関節炎とは非常に関係が深いと言えます。