関節痛の中でも特に多いのは膝関節の痛みです。

膝の関節痛を放置したままでおくと、日常生活に支障をきたし、場合によっては歩行困難になってしまうこともあります。早めの治療が大切です。

膝の関節痛の原因は様々で、その対処、治療の方法は原因毎に変わりますが、一般的な改善方法としては次のようなものとなります。

薬物療法
 外用薬や内服薬を使って痛みを抑える。

装具療法
 サポーターなどを用いることで膝への負担を減らす。

物理療法
 膝を温めたり冷やしたりすることで血流を良くする。

運動療法
 運動で膝周辺の筋肉を強化することによって関節痛を改善する。

生活習慣の改善
 肥満の人は膝への負荷が大きいため、生活習慣を改善して減量する。

手術療法
 症状が重い場合は手術をすることもあります。関節鏡視下手術、高位脛骨骨切り術、人工関節置換術など、様々な手術があります。