関節痛で処方される薬は、痛みの原因によって異なります。一般的には外用薬と内服薬があり、これらを併用することが多いです。

外用薬

湿布、軟膏、クリームなど、炎症を抑える働きがある外用薬が処方されます。
外用薬には副作用がほとんどありませんので、安心して使用することができます。

内服薬

内服薬として、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの鎮痛薬も処方されます。ロキソニン、ボルタレンが代表的な薬です。

NSAIDsは痛みを抑える効果が強いため、関節痛の症状が酷い場合や炎症を伴う急性の関節痛の場合に使用されることが多いです。ただし、根本治療の薬では無く対処療法薬です。

長期服用すると副作用が起こりやすいデメリットがあります。主な副作用は、胃腸障害(胃潰瘍など)、肝障害、腎障害などです。

症状によっては、これ以外の薬が処方されることもあります。例えば次のような薬です。

  • ステロイド製剤・・・関節リウマチ
  • 結核の治療薬・・・細菌性関節炎
  • 神経痛の薬・・・神経障害に起因する変形性関節症など

また、漢方が使われることもあります。例えば次のような漢方です。

  • 越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)・・・変形性膝関節症、関節リウマチなど
  • 桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)・・・関節痛、神経痛によく使われます
  • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)・・・膝の関節痛など