風邪を引いた時、関節痛が起きたことはありませんか。風邪を引いて関節が痛むのは、人の体の免疫機能が関係していることが多いのです。

免疫機能
 風邪のウイルスが体内に侵入すると、免疫機能が働き出して、ウイルスと戦う準備を始めます。その時に、痛みを発生させたり発熱させたりする物質(PGE2)が作られます。その物質が血液と一緒に全身に回り、関節を包んでいる関節包(かんせつほう)に届くと、関節痛を引き起こします。

ウイルス感染による炎症
 ウイルス感染による炎症の影響で、全身の血管が拡張され、その結果関節痛が起こるということもあります。

免疫力の低下
 風邪を引くと免疫力が低下します。すると、体の弱いところの症状が出やすくなります。風邪が治って免疫力が回復すれば、関節痛も改善していくでしょう。

風邪による関節痛を治す方法

風邪による関節痛を治すためには、熱を下げることが重要になります。関節痛に対する対症療法では効果は無いでしょう。

風邪薬や解熱剤などを飲んで安静にするのが一番です。徐々に熱が下がり始めれば、関節の痛みも改善されていきます。

もしも、市販薬を飲んでも熱が下がらなかったり、関節痛が治らなかったりする場合は、病院の内科を受診し、適切な処置を受けるようにしてください。