肩こりの原因は一般的に、姿勢の悪さなどによる筋肉の緊張や疲労、運動不足と多いと考えられます。しかし、実際には病気が原因となっている肩こりもあります

肩こりの原因になる病気として、主に次の病気が考えられます。

眼精疲労・・・目が非常に疲れてしまうと肩こりを起こすことがあります。

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
線維筋痛症

変形性頚椎症
頚椎椎間板ヘルニア
後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)
頚椎や胸椎の腫瘍
頚椎捻挫(むち打ち)

胸郭(きょうかく)出口症候群

肺がん
腎臓病
糖尿病
肝炎
心筋梗塞
高血圧

また、「うつ」やストレスなど精神的な原因によって肩こりが起こることもあります

以上のような病気が肩こりの原因となっている可能性もありますので、肩こりを軽く考えないほうが良いでしょう。

肩こりが辛い場合は、そのままにせずに病院を受診することをおすすめします。