肩こりが辛い時、温めた方が良いのか冷やした方が良いのか、悩んだことがあるかもしれません。

血行不良ならば温める

肩こりの原因は様々なことが考えられますが、最も多いと言われている原因は、肩や首の筋肉の血行不良です。

長時間同じ姿勢を取り続けていたり、悪い姿勢で体を歪んだ状態にしていたりすると、血液の流れが悪くなり、肩こりを起こしてしまいます。

血行を良くするためには、血行の悪くなっているところを温めるということが基本となります。
つまり、肩や肩甲骨の周辺や首回りを温めるようにすると良いでしょう。

冷やした方が良い場合もある

肩の痛い部分が熱を持っているような場合は炎症を起こしている可能性があります
このようなときは冷やした方が良いです。

肩こりの原因を突き止めよう

温めることも冷やすことも、結局肩こりに対する対症療法でしかありません。
肩こりの原因を突き止めて、改善するように心掛けてみてください。

長時間同じ姿勢を続けないようにしたり、座る姿勢に気を付けたり、軽いストレッチなどをして、肩周辺の筋肉を緊張させたままにしないようにしましょう。

目の疲労、手や腕の疲労、精神的なストレスなどが肩こりの原因となることもあります。
気を付けて生活してみてください。

肩こり 湿布 関連商品