食生活によっては首こりを悪化させてしまうことがあります。脂肪分、塩分、糖分の多い食べ物を摂り過ぎると、首こりを悪化させてしまう恐れがあります。

首こりは、首や肩の血行不良が原因で起きてしまいます。そのため、血液がドロドロになるような食べ物は、首こりの症状を悪化させてしまうでしょう。

血液をドロドロにしてしまう大きな原因が、脂肪分、塩分、糖分の摂り過ぎです。脂肪と糖分は粘着質。塩分は水分を吸収し、血中の水分を減少させますので、血液がドロドロになってしまいます。

また、アルコールも首こりを悪化させる可能性があります。アルコールで血行が良くなるかもしれませんが、利尿作用がありますので、血中の水分が減って、血液がドロドロになってしまうのです。

つまり、緑黄色野菜、豆類、魚を食べないような偏りのある食生活を続けると、血行改善に必要な栄養が不足してしまいます。