首こりの原因は、首のこりを伴う疾患を除いた場合、主に血行不良(血流不足)です。

首や肩は、重たい頭を一日中支えています。頭は3,4キロの重さがありますので、首には大きな負荷がかかっています。そのため、首や肩の筋肉は疲れがたまりやすく、こりの症状が出やすいのです。

また、パソコン、スマホ、ゲームなどを操作する時間が多い人は、長時間うつむき加減の姿勢でいることが多いです。この姿勢も首や肩に大きな負担をかけます。長時間同じ姿勢でいることによって、首や肩の筋肉に緊張が続いて疲労を起こし、血行が悪くなってしまいます。

血行不良になると、脳に酸素や栄養を送ることが困難になり、溜まった疲労物質の排出も滞り、軽いマッサージやストレッチ程度では、こりが解消されなくなってしまいます。場合によっては頭痛を引き起こすこともあります。

その他の原因としては、長時間の目の酷使や目の筋肉の緊張、運動不足、寒さ、ストレスが考えられます。