枕のせいで首が痛くなることはあります。なぜならば、枕は高過ぎても低過ぎても首が痛くなる可能性があるからです。つまり、自分の頭に枕がフィットしていないのです。

まず、枕が高過ぎる場合には、頭を前へ下げたような状態となります。首や肩の筋肉が緊張してしまい、起きた時に首の痛みを感じてしまうでしょう。また、寝ている内に呼吸が苦しくなっていきますので、体に良くありません。

横向きで寝るクセがついている人の場合、枕が高過ぎて仰向けの姿勢が辛くなるために無意識に横向きになって寝ていることがあります。

反対に枕が低過ぎる場合には、仰向けで寝た状態が、首の骨(頚椎)の自然なカーブが無くなってしまっています。立っている姿勢では、首の骨は少し前の方向にカーブしています。寝ている間も、その形を保った姿勢が良いのですが、低過ぎる枕で寝ると、首の骨が不自然な形になってしまい、起きたときに首が痛くなってしまうのです。

自分の頭の形に合った適度な高さの枕を選ぶようにすると、首の痛みが軽減される可能性があります。大ヒット商品が自分に合うとは限りません。相談に乗ってくれるお店を探してみるのも一つの方法です。