首の痛みに効くツボは、主に次のツボになります。

■風池(ふうち)
 風池は後頭部の髪の生え際、頭を支えている2本の太い筋肉から指2本分にあります。頭痛や眼の疲れにも効果があります。

■天柱(てんちゅう)
 天柱は風池のツボの1センチくらい内側、首すじの中央の窪みにあります。頭痛、肩こり、眼の疲れ、顔のむくみなどにも効果があります。

■天容(てんよう)
 天容は下あごの骨の後ろ、耳の下から首筋に伸びる太い筋肉の前側の際にあります。寝違え、顔のむくみにも効果があります。

■完骨(かんこつ)
 完骨は耳の後ろにある骨の膨らみの1センチ下の部分から、指1本分内側にあります。むくみや頭痛にも効果があります。

以上のようなツボを中心として首全体をマッサージすることによって、血液の流れが良くなり、老廃物が排出されるようになり、筋肉の疲れが取れ、首の痛みが軽くなるでしょう。