頚椎症のリハビリと呼ばれるものは、通常は治療の一種のことを指します。リハビリには、牽引療法、温熱療法(ホットパックなど)、装具療法、低周波治療、レーザー治療などがあります。

頚椎症は、短期間の治療で劇的に改善するという病気ではありませんので、リハビリは長期間に渡って続けていくことになります。

日常生活でも頚椎に負担を掛けないように、姿勢に気を付けたり、頚椎症用の枕を使うなど、改善するための努力が大切となります。

リハビリで改善が見られない場合、手術治療を検討することもあります。