頚椎症の手術治療は、薬物療法やリハビリで症状が改善されない場合に検討されます。

首は体全体の機能に関わる重要な神経や血管が狭い部分に密集している場所です。もしも手術によって神経を傷付けてしまった場合、一生涯手足に麻痺が残るような重大な後遺症が残る恐れがあります。

したがって、首の部分を手術することには慎重になった方が良いでしょう。

さて、頚椎症の手術にかかる費用は、病院によっても手術方法によっても異なりますが、健康保険の適用(3割負担)で30万円程度になるようです。高額医療になりますので、後日健康保険組合から還付を受けられます。

手術後は1か月前後の入院が必要となりますので、入院費用や退院後の通院費も考慮に入れなければなりません。仕事をしている方であれば、休職中の収入がどうなるかも大きな問題になってくるでしょう。

頚椎症の手術をするかしないかは、納得できるまで十分に慎重に検討して決めてください。