若年性関節リウマチとは、16歳以下の小児期に発症する関節リウマチ(慢性関節炎)のことです。現在は「若年性特発性関節炎」と呼ばれています。

未だ原因不明の病気ですが、何らかの免疫異常、ウイルス感染、外傷、ストレス、遺伝により発症すると考えられています。

若年性特発性関節炎(若年性関節リウマチ)は、全身型と関節型の2つに分けられます。潰瘍性大腸炎などの疾患に併発して発症するものは症候性慢性関節炎として区別されています。

全身型と関節型では、症状も治療法も異なります。

全身型の場合、主に微熱の持続(弛張熱)、手足や体幹に細かいピンク色の発疹(リウマトイド疹)、関節炎の症状が起こります。

関節型の場合、主な症状は6週間以上持続する関節炎です。

若年性特発性関節炎になると、大人の関節リウマチと同様に、次第に関節が動かせなくなってしまいますので、早期発見、早期治療が大切です。