脊柱管狭窄症の治療で漢方を使用されている人も少なくありません。即効性は無いため、服用してもすぐに痛みが解消されるわけではありませんが、長期の服用で効果が現れる可能性はあります。

脊柱管狭窄症の改善に効果的だと言われている漢方は、次のとおりです。

・四物湯(シモツトウ)
 血液循環をよくして、体をあたためる作用があります。

・葛根湯(カッコントウ)
 体の熱や腫れ、痛みを発散して治します。

・桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)
 体をあたため、痛みを発散させる作用があります。

・疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)
 血行や水分循環の改善、痛みを発散して治します。

・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)
 血行をよくして、体をあたためる作用があります。冷えによる痛みを和らげます。

・芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
 手足の骨格筋の緊張をゆるめて痛みを和らげます。

・八味丸(はちみがん)
 足腰の痛みやしびれを改善します。

複数の漢方を組み合わせることで、より良い効果が生じることもあります。購入する前に、医師や薬剤師などの専門家と相談してください。