脊柱管狭窄症の手術をして症状が改善したとしても、以前と同じような生活を続けていると再発する可能性があります。再発を防ぐためにリハビリは不可欠です。

脊柱管狭窄症で行うリハビリには、次のようなものがあります。

・歩行訓練

脊柱管狭窄症によって歩行に障害が出ていた場合は歩行訓練を行います。訓練することで、日常生活に支障をきたさない程度に改善することができるでしょう。

・筋トレ

腹筋、背筋、足の筋力が弱い状態では、脊柱管狭窄症を悪化させたり再発させてしまいますので、筋トレが必要です。筋力を強化することで、痛みを和らげたり、症状の悪化を防ぐことができます。無理をすると悪化させる可能性がありますので、注意しましょう。

・ストレッチ

ストレッチで筋肉の緊張をほぐし血流を良くするのも効果的です。ストレッチも無理は良くありません。痛みを感じる場合は止めてください。