脊柱管狭窄症の保存療法とは、手術以外の方法という意味です。主に次のような療法があります。

薬物療法

薬物療法は、非ステロイド性消炎鎮痛薬塗り薬などを使用します。薬で痛みを和らげたり、血管を広げて血流を良くして、脊柱管狭窄症を改善していく方法です。

装具療法

装具療法は、腰のコルセットを使う方法です。腰に負担がかかると痛みが増してしまいますので、腰への負担を軽減させるために、コルセットで腰を安定させます。

神経ブロック療法

神経ブロック療法は、神経ブロック注射によって痛みの伝達をブロックする方法です。尾てい骨あたりに打つ硬膜外神経ブロック注射と、神経根に直接打つ神経根ブロック注射の2種類があります。

硬膜外神経ブロック注射は、おへその下から足先まで、下半身の痛み全般に効果的だと言われています。

一方、神経根ブロック注射は、痛みの元になっている神経に直接注射をするため、ブロック注射治療の中で最も効果が期待できると言われています。