脊柱管狭窄症にはいくつかの型があって、その型によって症状が異なります。
以下、簡単にご説明します。

神経根型

神経根型は、神経根(脊髄から枝分かれする末梢神経の根元の部分)が圧迫される型で、片足だけに痛みやしびれが起こります。

馬尾型

馬尾型の場合は、脊柱管の馬尾神経(脊髄から下方に伸びている神経の束)が圧迫される型で、両足に強いしびれ、麻痺といった症状が現われます。

混合型

混合型は神経根と馬尾神経が両方とも圧迫される型です。
頸部(首)と腰部のどちらが圧迫されるかによって違う症状が出ます。

頸部脊柱管狭窄症の場合、肩から手にかけて痛みや痺れを感じたり、腕にだるさや重さを感じたりすることが多いです。
また、腕や指に力を入れることができず、自由に動かせないこともあります。

腰部脊柱管狭窄症の場合、に痛みや痺れを感じたり、の痛みや痺れを伴うことも少なくありません。
また、長時間歩いていると痛みを感じ、休むと痛みが治まるが、また歩くと痛くなるという症状もあります(間欠跛行(かんけつはこう)と言います)。

その他、脊柱管狭窄症には排尿障害排便障害といった症状が現れることもあります。