脊柱管狭窄症の原因としては、主に次のようなことが考えられます。

  • スポーツによる腰や首への負担
  • 同じ動作を長期間続ける(重たい物を持ち上げる仕事など)
  • 長期間の同じ姿勢(デスクワークなど)
  • 首や腰を継続してひねる
  • 運動不足による筋肉機能の低下
  • 生まれつき脊柱管が狭い
  • 加齢による脊柱管圧迫
  • 腰椎すべり症

脊柱管狭窄症になりやすいのは、若い世代よりも50代以降の中高年だと言われています。
また、男性よりも女性の方が発症する可能性が高いとも言われています。

体の同じ場所に長時間負荷をかけ続けることが主な発症原因となりますので、気を付けて生活すれば防ぐことができます

デスクワークをしている人は同じ姿勢で仕事をし続けることが多いですので、発症リスクが高くなってしまいます。
そこで、適度に休憩を入れることで発症リスクを下げることはできます。休憩時にストレッチをすると、脊柱管狭窄症の予防に効果的でしょう。