脊椎管狭窄症の検査方法は、主に以下のようなものです。

  • 反射検査・・・膝などを叩き、神経の動きを調べます。
  • 知覚検査・・・皮膚の表面を尖ったもので突いて、麻痺がないかを調べます。
  • 筋力検査・・・手技によって筋肉や神経に異常がないかを調べます。
  • SLR(下肢伸展挙上)テスト・・・坐骨神経を伸ばして、足に痛みを感じるかどうかを調べます。
  • レントゲン検査・・・背骨や椎間板、椎間関節などに異常がないかを調べます。

どの検査を行うのかは、病院や医師によって異なります。
反射検査、知覚検査、筋力検査、SLRテストで痛みを感じた場合は、脊椎管狭窄症の可能性があります。

また、問診の時、尋ねられたことに対しては、できるだけ詳しく答えるようにしましょう。
何か気になることや疑問点などがあれば、遠慮せずに医師に質問してください。