脊椎管狭窄症の治療方法は、以下のようなものです。

運動療法

症状の軽い場合は、運動療法やコルセットによる治療が行われます。自宅でストレッチや体操を行って、歪みを矯正します。また、筋トレで必要部位の筋肉を強化することで、症状を改善します。
自己流で行うと症状が悪化してしまいますので、必ず医師の指導の下で行うようにしてください。

理学療法

理学療法とは、血流を改善する温熱療法、電気を使った電気療法、マッサージなどです。

薬物療法

痛み止めや血流を改善する薬が医師から処方されます。薬物療法は症状を和らげるものであって、治療するものではありません。

神経ブロック注射

注射も薬物療法と同様に症状を和らげることを目的としています。

手術

症状がひどい場合は、手術による治療を行う必要があります。
ただし、手術でも完治しない場合があります