呼吸をした時に背中の痛みを感じることがあります。背中だけでなく胸が痛くなることもあります。このような痛みを感じた場合は、肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)の可能性があります

肋間神経とは、背骨の中を通る脊髄から出て左右12対の肋骨に沿って走る神経です。肋間神経痛とは、この肋間神経が何らかの原因によって突然痛む症状のことです。

肋間神経痛になると、呼吸や咳で背中や胸がひどく痛んだり、痛くて眠れなかったりします。痛みが強いため、日常生活に支障をきたすこともあります。

肋間神経痛の主な原因は次のとおりです。いずれも肋間神経を圧迫して肋間神経痛を引き起こすものです。

  • 腫瘍、血腫
  • 椎間板ヘルニア
  • 脱臼、骨折

また、ストレスで肋間神経に負担をかけてしまい、肋間神経痛を引き起こすこともあります。

ただし、呼吸時に背中の痛みを感じる原因は、なかなか特定できないことも少なくありません。
症状が続いて辛い場合は、早めに大きな病院で精密検査を受けた方が良いかもしれません。