背中に痛みを感じる原因はいろいろ考えられますが、主なところでは次の4つがあります。

筋肉疲労

激しい運動、姿勢の悪さ、肩こりなどによって筋肉に負担をかけ続けていると、背中の筋肉に疲労が蓄積してしまい、強い痛みや張りが生じることはあります。

一般的な背中の痛みや張りは、温めたりほぐしたりすると楽になるものです。

首の炎症・捻挫

むち打ちや寝違えなどによって首に炎症や捻挫が起きると、首と背中に痛みを感じることがあります。

骨のズレ・歪み

事故などで背中や首の骨に強い衝撃が加わることで、骨がズレたり歪んだりすることがあります。その骨のズレや歪みが原因で背中が痛くなることもあります。

病気

何らかの病気が背中の痛みを誘発させている可能性もあります。内臓(特に胃、すい臓、胆のう)の病気、神経の病気、風邪やインフルエンザでも背中の痛みの原因となることがあります。