すべり症を改善するためにストレッチを行うのは効果があります。ストレッチで血行を促進したり筋肉を伸ばしたりすることができますので、すべり症による腰痛を緩和させることができます。

ただし、すべり症の症状の酷い方は、無理してストレッチをすると悪化してしまう危険がありますので、医師に相談してから行うようにしてください。

さて、すべり症対策のストレッチとして一般的なものをご紹介します。ぜひお試しください。

  1. 仰向けになり、片方の膝を胸の辺りまで持ち上げ、そのまま10秒間止めます。
  2. ゆっくりと体勢を戻し、もう片方の膝で同じ動作を行います。このストレッチで腰の筋肉をほぐすことができます。

また、腹式呼吸のストレッチも効果があると言われています。

  1. 膝を立てながら仰向けになります。
  2. この体勢のまま深呼吸をしてください。何回か繰り返すことで、全身の筋肉をほぐし、血行を良くすることができます。