すべり症にいい漢方というと、腰痛を緩和させるものとなります。痛みを和らげたい場合、漢方を使用してみるのも良いかもしれません。

病院の薬を服用しているのに効き目が弱いと感じていたり、副作用がちょっと辛いと感じているのであれば、漢方を試してみる価値はあります。

漢方は病院で処方される薬よりも、比較的副作用が少ないので、安全に使用することができます。ただし、病院で処方されている薬と併用すると副作用を起こす危険がありますので、医師と相談の上で服用してください。

また、漢方は病院の薬よりも即効性はありません。つまり、服用してもすぐに症状が改善するわけではなく、長期間飲み続ける必要があります。そのため、効果がなかなか出ないと思って服用を止めてしまう人もいるようです。

さて、すべり症に効く漢方は、次のものが代表的でしょう。

  • 疎経活血湯(そけいかっけつとう)・・・痛みの改善の他、血行や水分循環も改善します。
  • 五積散(ごしゃくさん)・・・(同上)
  • 苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅっかんとう)・・・痛みと下半身の冷えが強い場合に効果的です。
  • 桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)・・・(同上)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)・・・(同上)
  • 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)・・・腰痛、肩こり、神経痛、胃痛など様々な痛みに用いられています。