腰椎すべり症の人が運動するときに気を付けたいことは、あまりにもハードな動きや、腰に衝撃を与えるような運動はしないようにすることです。患部に強い負荷が掛かると、症状が再発する恐れがあります。

ある程度の休息期間を置いて、痛みが改善された後で、ゆっくりと腹筋や背筋の運動などで腰の周りの筋肉を鍛えることが重要です。

しかし、運動選手のような筋トレなどを真似すると、むしろ患部を傷つけてしまうので、腰に負担が掛からないトレーニング方法を見つけるようにしましょう。

また、腰椎すべり症の人が筋肉を鍛える場合は、表層の筋肉ではなく、インナーマッスルを鍛えることを意識してください。インナーマッスルを鍛えれば、体の内側からしっかり骨を支えるくれるようになりますので、再発防止に効果的です。

プールでの水中歩行運動も腰椎すべり症の人に適していますが、その際にも激しい動きなどはしないように、ゆっくりと歩いたり泳いだりするようにしましょう。