腰椎すべり症の症状を和らげる体操はストレッチが中心となります。ストレッチは腰椎すべり症の予防や症状の緩和に効果が期待出来ます。

ただし、ストレッチや体操は、症状がひどい時に行うと、症状を悪化させる恐れがあります。必ず医師に相談した上で行ってください。無理は禁物です。痛みがひどい場合は安静にして、痛みが少ない場合に出来る範囲でストレッチなどを行いましょう。

さてストレッチですが、仕事の合間などに軽いストレッチをして、筋肉をほぐすことを心がけましょう。腰回りから足にかけての筋肉が張り詰めて緊張していると、症状が悪化してしまいます。

ストレッチには、寝たままでも、椅子に座ったままでも出来る方法が色々あります。ぜひ毎日継続して行うようにしてください。

痛みが軽いうちは、ストレッチに加えて、腰痛体操や腹筋、背筋の筋力トレーニングも取り入れて、筋肉を強くすることも行いましょう。