腰椎が滑ってズレてしまう「腰椎すべり症」の症状で最も多いのは、頻繁に繰り返す腰痛や慢性的な腰痛です。腰椎すべり症の特徴的な初期症状は、何となく違和感がある、腰が痛いといった程度のものです。ぎっくり腰のような急な激痛が起こったりすることは少ないです。

このように、痛みが生じたとしても、我慢できる程度の痛みであることから、そのまま放置してしまうことが多くなります。すると、本人も気付かないうちに、徐々に症状が悪化してしまいます。そして痛みが慢性の腰痛へと変化していきます。

滑った骨が腰部の神経を刺激してしまうと、お尻や太ももの裏側に痛みが出ることがあります。症状が進行すると、歩行で痛みやしびれが酷くなり、長い距離を歩けなくなり、しばらく休むと痛みが治まってくるという「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」という状態になってしまいます。

さらに症状が悪化すると、会陰部のしびれが起こったり、排尿や排便の障害をきたす場合があります。