腰椎すべり症の痛みが鍼灸治療によって和らいだという方は少なくありません。

腰椎すべり症の場合、慢性的な腰痛になることが多いです。この場合に鍼灸治療では、腰周りの筋肉の血液の流れを改善し、緊張を緩め、患部に掛かる負担を減らしながら、体全体のバランスを整えていきます。

また、神経の痛みを送る信号の伝達を遮断したり、免疫細胞を活性化させたりする効果も期待できます。

痛み止めの薬を飲み続けたくない、手術は受けたくない、などといった場合には、鍼灸治療を試してみても良いかもしれません。

ただし鍼灸治療は熟練の技が必要な治療です。鍼灸師の技術力(ウデ)に大きく左右されます。もし治療を受けたいのであれば、経験豊富で信頼できる鍼灸師を探してください。