ストレスが原因で腰が痛くなることがあります。腰痛とストレスが関係あるとはちょっと想像できないかもしれませんが、ストレスが体に与える影響は意外と大きいのです。

過去にぎっくり腰など腰痛で苦しんだ経験があり、その後腰痛を繰り返すと、慢性腰痛になる場合があります。そうなると、いつまた辛い腰痛が襲ってくるかもしれないと心配するようになり、その気持ちがストレスになります。

精神的なストレスによって自律神経が乱れ、血行不良になることにより、腰の痛みを引き起こすということもあります。常に腰の筋肉を緊張状態にしていると、過度のストレスがかかってしまうこともあります。

病院で検査してもらってみても、原因がはっきりと特定されない腰の痛みがある場合は、ストレスによる腰の痛みということも考えられます。

このような場合はストレスを解消することが必要となります。生活習慣を改めたり、精神的な緊張が続かないようにリフレッシュする時間を作ったり、無理しないようにしたりして、十分に心と体を休めるように工夫してください。医師に相談すれば、アドバイスをもらえると思います。