デスクワークをしている人は腰痛になりやすい傾向があります。

立っているよりも座っている方が、体に楽な感じがするかもしれません。
確かに、座った姿勢は足の疲労は軽くなりますが、腰への負担が大きくなってしまいます。
それは、上半身の体重が全て腰にかかるからです。

デスクワークをしている人は一日中椅子に座りっぱなしの状態が続きます。
しかも毎日ですから、腰の筋肉疲労が蓄積してしまいます

また、猫背のように姿勢が悪かったり、腰に良くない椅子を使っていたりなどの悪条件が重なると、腰痛の辛さが深刻なものになりかねません。

できるだけ腰への負担を減らすためには、少しでも腰部を動かすことが必要です。
最低でも1時間に数分くらいは立って歩くようにしたり、休憩時間に軽くストレッチをするなどして、筋肉への負担を和らげるようにしてください。

慢性的な腰痛になってしまいますと、痛い部位をマッサージしたり湿布を貼ったりしても、あまり改善は期待できません。
少しでも予防するために、腰回りの筋肉の柔軟性を保てるようなストレッチをするなど、いろいろ工夫してみてはいかがでしょうか。