姿勢の悪さは腰痛の非常に大きな原因となります。

立っている状態で最も腰痛を引き起こす原因となる姿勢は凹背(反り腰)です。
凹背は、腹と腰が前に付きだしていて、重心が後方へずれた状態です。猫背と逆の感じですね。
メタボリックでお腹が出ていると、こうした姿勢になりやすいので、注意してください。

また、猫背も腰に良くありません。
腹筋がゆるんで背筋が緊張する状態ですので、腰に負担がかかります。
背中が丸まり、お腹が前、腰は後ろに突き出したアンバランスな姿勢も危険です。

座っているときの姿勢にも気を付けなければなりません。

特に腹筋が弱っている人は、長時間イスに座っている状態が続くと、腰に相当の負担がかかっています。
長時間デスクワークをする人は、腰に負担のかからないイスを使ったり、座り方を見直してみたりすると良いでしょう。

いつも腰痛がひどい人は、整体院や鍼灸院などで正しい姿勢を習ってみるのも良いと思います。