寝ている時の姿勢は腰の痛みと関係があります。寝る姿勢によっては腰痛になってしまうことがあるので、気を付けなければなりません。

例えば、仰向けに寝て脚をまっすぐに伸ばすと腰が痛くなることがあります。この姿勢は、腰の筋肉が引っ張られて緊張した状態で、腰椎が圧迫されているため、長時間この状態を続けると痛みが出ることがあるのです。腰痛のある人にとっては、辛い姿勢の一つです。

このようなときは、股関節と膝を曲げて寝てください。この姿勢ならば腰の筋肉が緩みますので、腰椎の負担が軽くなり、楽になるでしょう。

姿勢の工夫以外に、寝具の選択も重要です。腰に負担が掛からないとされているマットレスやベッドを選んで、できるだけ腰に負担をかけないようにしましょう。

寝具は硬いものも柔らかいものも良くありません。適度な硬さがあると良いとされていますが、その判断は難しいでしょう。個人差もあります。寝具売り場で店員に相談してみるのも一つの方法です。

腰痛予防 マットレス 関連商品