いつも座っている椅子が腰に悪影響を与えている可能性があります。
腰痛が酷くなる椅子は、座っている時の姿勢が悪くなってしまったり、腰に負担がかかってしまう椅子です。

背もたれのない椅子は腰にとって最悪です。
自分で背骨を支えなければなりませんので、腰や背中の筋肉に負担がかかります。

背もたれがあっても、それが直立していたり硬かったりする椅子も良くありません。
なぜなら、寄りかかろうとした時に、どうしてもお尻が前に出てしまって腰に負担がかかるからです。
また、姿勢を変えることも難しいからです。

背もたれが背中の半分より低い椅子も良くありません。
寄りかかろうとすると、からだが後方へ倒れてしまいますので、腰に負担がかかります。

クッションが柔らか過ぎる椅子、厚過ぎる椅子は、立ったり座ったりする時に反動が付けにくいために、不自然な力が入ってしまいます。

以上のように、椅子の選び方によって腰痛がひどくなる場合があります
特にパソコン操作などの座ったままの仕事の多い人は、椅子を慎重に選ぶようにしましょう。