腰痛に効く薬と一言で言っても、飲み薬、塗り薬、貼り薬があり、また腰痛の原因や症状別に様々な薬があります。
ですので、あなたがどのような原因で腰痛になったかはっきりしませんと、その痛みに効果的な薬を見つけられません。

例えば、貼り薬(湿布)には、温湿布冷湿布という全く正反対の湿布があり、腰痛の原因や症状によって使い分ける必要があります。
通常は、腰痛の症状が急性の場合は冷やして、慢性の場合は温めます。

さて、一番間違いないのは、医師の診察を受けて、腰痛の原因や症状に合ったものを処方してもらうことですが、現在は、市販薬でも効果的なものが販売されています。
薬局やドラッグストアで扱っている薬はいろいろありますが、第一類医薬品の場合は薬剤師からの説明が必要です。

飲み薬では、ロキソニン(成分名はロキソプロフェン)は即効性も高く、痛み止め効果が高い解熱鎮痛消炎剤です。
ただし、他に持病などがあると服用できません。
これは医師が処方しているものと同じ成分で、第一類医薬品ですので、薬剤師がいる薬局やドラッグストアでなければ購入することができません。

これらの市販薬は、一時的な痛み止め効果をもたらすだけです。
腰痛の原因を無くすわけでも治療するわけでもありません。
痛みの辛い時だけ使うようにしてください。

ロキソニン 関連商品