腰痛に良い寝る姿勢についてですが、最も負担をかけないと考えられるのは、腰がS字になるような姿勢で寝ることです。

腰痛の原因は姿勢が悪いから、というのは原因の一つに間違いありません。
しかし、良い姿勢で寝ようと、無理して仰向けになって、背筋を伸ばして寝ようとしたりすると、逆に腰痛が悪化してしまうことがあります。

そこで、寝る時は、横を向いてS字になるような姿勢、または、自分が一番楽になる姿勢を探してください。
腰に負担がかかりにくくなります。

横向きで腰痛が和らぐ場合は、足の間にクッションをはさんで寝るというのも、腰痛を悪化させない方法の一つです。

また、寝る時に使う寝具ですが、柔らかい敷布団を使うと腰の部分が沈んでしまい、腰に負担がかかってしまいます。
下に敷く寝具は固めのものを選ぶようにしましょう。