腰痛の原因は様々ありますが、多いのが筋肉疲労によるものです。

例えば、同じ姿勢でずっと作業をしていると、一部の箇所に負担がかかり続けることになります。
すると、使われ続けた筋肉が疲労します。
その疲労が回復できないまま、さらに疲労が溜まるような姿勢を続けていますと、やがて腰痛を起こしてしまいます。

高齢者の腰痛の主な原因は、加齢による筋力の低下です。
筋肉量は年を取るに従って減っていきますし、回復力も衰えますので、若い頃は平気だったことでも、中高年になると腰痛が起きてしまう可能性が高まってしまいます。
運動不足でも運動しすぎても、腰痛になってしまうことがあります。

妊娠中の女性は、胎児によって体重が増え、大きくなったお腹のバランスを取るために、体を反らせて過ごすことになりますので、腰への負担がかかり、腰痛を引き起こしやすくなります。

その他、骨格に異常があって腰痛が起こることがあります。
血行不良によっても起こります。
精神的なストレスが原因で腰痛になることもあります。

また、意外かもしれませんが、歯の噛み合わせが悪くて腰痛が引き起こされることもあります。
複数の原因がからみ合っている場合も少なくないようです。

腰痛の原因次第では、日頃の生活習慣を見直すことで予防、改善できることもあるでしょう。
症状の軽いうちに原因を取り除かなければ、治療をしないと治らなくなってしまう可能性があります。

腰が痛いと感じたら、できる限り早めに、その原因を見つけて、対策をするようにしてください。