腰痛で湿布を使うことも多いと思いますが、腰の痛みや症状によって温めた方が良い場合と冷やした方が良い場合がありますので、お気を付けください。

腰痛には、歩くのが困難なほどひどい痛みを感じるものと、痛みはあまり無いものの腰が重たくてだるさを感じる慢性的なものなどがあります。

前者の場合は絶対に温めてはいけません。
腰痛が進行している可能性が非常に高いので、早めに病院を受診してください。
急な痛み、ひどい痛みの時は、腰の神経が炎症を起こしている場合がほとんどです。
これは温めると炎症が悪化してしまいます。
冷感湿布に含まれている鎮痛薬で痛みを抑えます。

後者の、腰が重たく感じる場合や慢性的な痛みの場合は、腰痛の原因が筋肉疲労による血流の悪さであることが考えられます。
この場合は、温めて血行を良くすることによって、腰痛が緩和されるでしょう。

以上のように、腰痛でもどのような痛みであるかによって対処方法が変わりますので、痛みが酷い人は必ず医師の診察を受けてください
腰痛だからと、すぐに冷やしたり温めたりせず、どのような痛みなのかに合わせて、冷やすか温めるかを判断するようにしましょう。