腰痛を改善するためのストレッチは、もし病院で治療中でしたら、担当医師に相談しながら行ってください。
腰痛の原因や症状を考慮せずに勝手な判断で行うと、場合によっては症状を悪化させてしまうこともあります

それを前提とした上で、腰痛改善ストレッチはいくつかあります。
ストレッチは、伸ばしているところを意識しながら、無理のない範囲でリラックスして行いましょう

腹筋や背筋を鍛える

腰を安定させるために必要な腹筋や背筋を鍛えましょう。
できるだけゆっくり動くと効果的です。

腹筋は、完全に起き上がる必要はありません。
少し起き上がったところで3~5秒くらい静止する方が効果があります。

背筋は、うつ伏せの状態から両手をついて上半身だけ起こすようにします。
お腹を床につけたままで、背中を伸ばし、腰を反らすようにして、20秒くらい静止します。
息を止めずに深呼吸をすること、勢いをつけて反らさないことがコツです。

ひざの裏を伸ばす

立って片足を椅子に乗せます。
乗せた足はひざを曲げず、まっすぐ伸ばし、つま先は手前に返します。
そして、伸ばしたひざの上に手を乗せて、じっくりひざを押して、足を伸ばします。
これを左右とも行ってください。

ひざを曲げる

立った状態で片足を椅子に乗せます。
乗せた足はひざを曲げて、胸を張り、もう片方の足のひざを曲げて、お尻を落としていきます。
これを左右とも行ってください。

仰向けで両ひざを左右に倒す

仰向けに寝て、両膝を曲げます。
上半身はまっすぐ天井に向けたまま、両膝を引っ付けて、右に倒していきます。
そして、左に倒し、右に倒します。
これを数回繰り返してください。