腰痛の痛みの種類によっては、効くツボがいくつかあります。
からだの冷え、血流の滞りが原因の場合は、痛みの緩和の効果が期待出来ます。

腰痛に効くツボで、自分で押すことが出来るものは、例えば次のツボです。

崑崙(こんろん)

崑崙は初期段階の腰の痛みを改善できるツボです。
場所は、外くるぶしの後ろのくぼみのところです。
力を入れ過ぎないように優しくゆっくりと2~3秒ずつ親指で指圧してください。これを5分ほど続けてください。
なお、腰痛のために崑崙の周辺が腫れていることがありますので、その場合には無理しないでください。

中封(ちゅうほう)

中封はぎっくり腰を改善できるツボとして知られています。
場所は、足関節の背面中央あたりの、やや内側のくぼみのところです。
中指を立ててくぼみを前後に片足ずつ、5秒押して3秒休みます。これを5、6回繰り返してください。

腎兪(じんゆ)

腎兪もぎっくり腰を改善できるツボとして有名です。
場所は、へその高さで腰に手を置くと、自然に親指が届くところです。
暖めると効果がありますので、優しくマッサージする他、お灸かカイロを貼ることもおすすめします。

大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪は腰痛の解消の他、便秘や下痢といった大腸機能の疾患に効果があるツボです。
場所は、腎兪から指3本分下。ウエストラインの背骨の位置から指2本分左右外側に離れたところです。
握り拳を大腸兪に添えた状態で仰向けに寝て、膝を立てて左右にゆっくりと動かしてください。2か所の大腸兪が刺激されます。