腰痛はコルセット(腰痛用ベルト)で固定するというのが、一般的な対症方法の一つです。
ぎっくり腰の場合ですと、コルセットを装着して仕事や家事をこなす人も多いようです。

ただし、長期間コルセットを使い続けると、筋肉を衰えさせてしまうことになりますので、あまり頼りすぎるのは良くないと思います。
また、一時的に痛みを抑えるだけで、根本的な解決にはなりません。

コルセットは腰に巻いて、腰を固定してくれますので、痛みを緩和することができます。
しかし、腰が固定されるということは、筋肉が動きにくくなるということでもありますので、痛みが緩和される反面、筋肉が衰えてしまうということでもあります。

そのようなわけで、自分勝手に判断して、コルセットに頼ってしまうというのは避けた方が良いと思います。

コルセットには、固定力の強弱、痛めた場所別に、様々な種類があります。
コルセットを使う場合は、整形外科医の診察を受けて、からだに合ったコルセットを処方してもらうか、医師に指導してもらった上でコルセットを購入することをおすすめします。