座る姿勢で腰痛になった人も少なくないでしょう。
腰痛は座り方を見直すことで、かなりの改善が可能です。
座り方を見直すことは腰痛の改善への第一歩でもあります。

腰痛を改善するために、やってはいけない座り方が横座り(正座から両足を同じ側へ崩す座り方)です。
横座りをすると、骨盤の位置が不安定になり、背中に大きな負担がかかりますし、疲れてきて腰が落ち着かなくなります。
横座りで姿勢を崩すことによって骨格のバランスを崩し、腰痛を引き起こすことになるのです。

癖になってしまっている人は横座りをしないように気を付けましょう。

椅子に座る時にも、正しい座り方をすることで、腰痛の原因を解消することができます。

椅子に座る際のポイントとしては、浅く腰かけないことです。
深く腰かけて、足と足の間にはこぶし1個分くらいの隙間を開けます。
そして、両足がきちんと地面につくようにして、常に背筋を伸ばしてください。

また、椅子の高さが合っていないと正しい姿勢で座りにくいですので、できる限り調整してください。

座りっぱなしは良くありませんので、できれば1時間おきに席を立って、軽いストレッチを行うようにしましょう。